FC2ブログ

クライマックスの序章

東京行ってる間に急降下のランキングも、おかげさまで回復基調
コレも偏に、読者の皆さまのおかげっス
たくさんネタを仕込んできたので、しばらくネタ切れの心配ナシ
(って、別にネタには困ってないけど・・・
がんばって更新するので、引き続きヨロシコ

さて、風雲急を告げる東京体育館。

試合会場

前回チャンピオン抜きで5回戦に臨まなければならなくなった日本代表
しかも、うち2試合は日本人対決
否が応でも緊迫感が高まる・・・
以下、例によってのシロート戦評

解説席

テレビ解説の席に座ったヤマトダマシイも気が気でない様子。
笑顔がヒキつってるように見えるのは、きっと気のセイぢゃない

絶体絶命の日本代表・・・
そのイヤなムードを断ち切ったのは、重量級のホープ・島本雄二選手。
この21歳の若武者が、なんと優勝候補の一角、ワールドカップ重量級チャンピオンの
ヴァレリー・ディミトロフ選手(ブルガリア)と堂々と渡り合い、試割判定で撃破する大殊勲

そして、本来は潰し合いの日本人対決2試合が、最高のクライマックスへの伏線に
まずは、今大会のダークホース・村山努選手に軽量級の若きエース・前田優輝選手が挑んだ一戦。
体重差をものともせず、実力者・村上選手に対して一歩も退かず、
真っ向勝負を挑んだ前田選手の頑張りは、まさに今大会のベストファイトでした
僅差で敗れはしたものの、これで日本代表が勢いづいたのは間違いありません

そしてもう1試合。
日本代表主将・塚本徳臣選手と四国の雄「下段職人」野本尚裕選手の一戦。
もはや日本最後の砦と言っても過言ではない塚本選手と愛弟子・野本選手の対戦は、
日本代表総監督と三好道場師範の2つの立場の板挟みで、
解説席のヤマトダマシイもさぞ複雑な思いだったと思うっス。
正直、もっと後で見たかったカードではある。

史上最年少チャンピオンにして最年長優勝を狙う塚本選手。
ここまでキッチリと外国人選手を潰して勝ち上がってきた「仕事人」野本選手。
実はワタクシ、どちらが勝ってもダメージ必至の消耗戦を予想しておりました。
てか、ヤマトダマシイを含めた大多数がそー予想したハズ。
が、野本選手は下段を封印した(きっと本人は否定するだろーけど・・・)
もちろん、下段が生命線の選手なので、蹴るには蹴るけど必要最小限。
野本選手はこの後の戦いを見据えて、あえて不利を承知で
どちらが勝ち残ってもダメージを最小限に止める、短期決戦を選択したに違いない。
(無論、負ける気はサラサラないのはゆーまでもない)
結果、塚本選手が「技あり」で本選勝ちを収めたけど、
実はこの一戦が、今大会の鍵を握ってたよーに思えてしょーがない今日この頃

次回は一気にクライマックス



最後までご覧いただき、ありがとうございます。
ただ今、節操なく片っ端から各種ブログランキングに登録中

人気ブログランキングへ
高知県人気ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村・高知県情報


FC2 Blog Ranking


右手人差し指にご負担をお掛けしてまことに恐縮っすが(笑)、
上のバナーをぜ~んぶポチっていただけると、不精で飽きっぽいワタクシの励みになり、
大変ありがたいっす

ケータイの方はコチラ

高知県人気ブログランキングへ
にほんブログ村・高知県情報へ
FC2ブログランキングへ


自動車車体萬相談承処 只今営業中 はるばる来たぜ!東京体育館

関連記事

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
人気ブログランキングへ
高知県人気ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村 高知県情報


FC2 Blog Ranking
プロフィール

えびのすけ♪

Author:えびのすけ♪
 高知県生まれ・高知県育ち
【誕生日】
 名馬・トウカイテイオー号
 と一緒
【お気に入り】
 ゴルフ、コーヒー泡盛、
 ヌル燗、カブトムシ飼育、
 旧車、モータースポーツ、
 「おるちゅばんエビちゅ」
【苦手】
 サバ(百発百中・・・)、
 マリンスポーツ、柔軟体操

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ